SEAJ 一般社団法人 日本半導体製造装置協会
TOPEnglish 会員専用

活動紹介SEAJ環境部会

TOP>活動紹介>環境部会>環境情報専門委員会
 

ケムシェルパ普及活動に関わる

アンケートご協力のお願い

   SEAJ環境部会では、環境問題に関連した法令・規制・規格等の情報を積極的に収集し、その情報を会員企業に提供し、また情報交換の場をを設けることにより、会員企業の環境活動への取り組みを支援しています。

  ご回答はこちらのエクセルシートをダウンロードして下さい。

   大変お世話になっております。SEAJ事務局です。

  ケムシェルパの入門講座1/26(金)へのお申込みありがとうございました。  

  SEAJ環境情報専門委員会では、電気電子分野が関係する製品含有化学物質の情報伝達のこれまでの仕組みに対してのサポートが2017年度末までで終了となるため、RoHS指令・REACH規則を守るために は、ケムシェルパの普及とが、 大変重要と考えております。

  すでにこういったことを意識されて受講される皆様におかれましては、業務に直結する内容となるべく、皆様の

ご意見を反映したセミナーにすることが肝心と考えられますことから、事前アンケートを実施しすることにいたしました。お忙しいところ恐縮ですが、1/19(金)までにこちらのアンケートにご回答いただきたくお願い申し上げます。

回答用のエクセルシートをご利用いただき、 ご返信いただけますと幸甚に存じます。

  ご多用のところお手数をおかけして恐縮ですが、可能な範囲で結構でございますので、アンケート回答にご協力をいただきたくお願い申し上げます。 

1. 属性について
 貴社(者)の事業領域について、もっとも該当する項目はどれですか。
 @素材(化学)、A素材(鉄鋼)、B素材(非鉄)、C素材(林業)、
 D素材(紙業)、E加工(混合)、F加工(金属)、G加工(塗装)、
 H加工(成型)、I加工(印刷)、J組立(部品)、K組立(製品)、
 L小売業、M商社、Nその他(具体的に)
2. 製品含有化学物質情報伝達の状況について
 2-1. 貴社(者)で製品含有化学物質規制の適用対象となる主要製品は何ですか。
 
2-2. 適用対象である場合、国/地域と法律名(制定予定を含む)は何ですか。
  @国/地域:       法律名:
  A国/地域:       法律名:
  B国/地域:       法律名:
 2-3. 貴社(者)が利用している主な情報伝達様式※はどれですか。
    ※SDS、不使用証明書、非含有証明書、分析結果証明書(測定データ)、コンフリクトミネラル調査票、

           自主基準あるいは特定の業界基準による個別の禁止物質リスト等は「Hその他」としてください。
          (主な様式)
  □ @ chemSHERPA-AI    □ A chemSHERPA-CI
  □ B JAMP-AIS               □ C JAMP-MSDSplus
  □ D JGPSSI             □ E JAMA sheet/IMDS
  □  F 独自様式(自社が作成したExcelベースの調査表等)
  □ G 自社のWEBシステムに必要項目を直接入力させている
  □ H その他(具体的に)

  2-4. 製品含有化学物質情報の管理と伝達について伺います。 貴社での製品含有化学物質情報の

        管理と伝達においてどのような問題が生じていますか?(複数回答可)
  @ 問題なく運用できている
  A データ収集に時間を費やしている
  B 法的証明のみの収集で対応している
  C 管理の内容がわからない
  D コスト/工数などがかかりすぎる
  E 管理方法がわからない
  F 社員に対する周知が難しい
  G 海外の法規制についてわからない
  H その他(具体的に:)

  2-5. chemSHERPAの普及について伺います。 貴社(者)が関わるサプライチェーンで chemSHERPAが

        普及するためには何が必要と考えますか?(複数回答可)
  @ 顧客/消費者がchemSHERPAで製品含有化学物質情報を求める
  A 川下の大手企業がほぼ全部このスキームを利用する
  B 川上・川中の大手企業がほぼ全部このスキームを利用する
  C ホームページでの情報開示や動画コンテンツなど説明資料が豊富に用意される
  D 充実した相談窓口の設置と教育・普及が事務局等により積極的に行われる
  E 海外メーカーへの積極的な普及活動
  F 汎用原材料のDBなど答えるためのサポート手段が用意される
  G 調達先のIT環境の整備
  H chemSHERPAを運用するWeb環境の整備
  I その他(具体的に:)

 2-6. chemSHERPAの使用(導入)予定時期について伺います。
  @ 2017年9月末現在、既に使用(導入)している
  A 2017年度下期より使用(導入)する予定である
  B 2018年度上期より使用(導入)する予定である
  C 2018年度下期より使用(導入)する予定である
  D 現時点で時期未定
  E 予定はない

 2-7.  2-6で“D現時点で時期未定”“E予定はない”とした理由をご記入下さい。

 2-8. 独自様式を利用する理由についてお伺いします。
       ※2-3で「F独自様式(自社が作成したExcelベースの調査表等)」と回答の場合のみ記入願います。
         独自様式を利用しているもっとも近いと考えられる理由をお聞かせください。

         該当する理由がない場合、「Eその他」に具体的にご記入ください。
  @ 既存の標準様式が使いにくい、自社あるいは調達先が理解できない
  A 自社または調達先のIT環境が不十分なため使えない
  B 国内の顧客が標準様式以外の様式で要求してくる
  C 海外の顧客が標準様式以外の様式で要求してくる
  D 自社の取り扱う部品点数が非常に多い
  E その他(具体的に:)

3.今回のセミナーで取り上げて欲しい内容について、chemSHERPA運用事務局への要望があればご記入ください。

★ 1/19までに ご返信いただけますと幸甚に存じます。 

★ 記入者所属 (差支えない範囲で結構です。)

  会社名 :

  ご所属 :

  氏   名 :
-------------------------------------------------------

 
ご協力ありがとうございました。

    ★アンケート用紙はこちらからダウンロードもできます。

    ★ご回答のエクセルシートはこちらからもダウンロードできます。

   



個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ