ブックタイトル海外だより台湾

ページ
3/4

このページは 海外だより台湾 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

海外だより台湾

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

海外だより台湾

42 SEAJ Journal 2017. 4 No. 157で蒸し暑さに慣れているつもりでしたが、こちらの蒸し暑さはやはりかなり厳しいです。台北も盆地だからだそうですが。特に6月くらいは毎日少し雨が降ってからそのあとかっと照りますので、湿度が高く蒸し風呂状態になります。先輩駐在員によると二年目からはかなり身体が慣れるとのことですが、ホントでしょうか?そのような夏場の大好物はどんな台湾料理よりマンゴー雪花氷(かき氷)です!台湾の料理はすべて日本人の口に合いやすいとは思いますが、あまりに暑いとマンゴーしか食べたくなくなります。この原稿が掲載されるころはすでに暑さも厳しくなり始めているでしょうからお気に入りのかき氷屋さんを紹介しておきます。まず、私のいち押しはMRT 双連から西に歩いて3分くらいの所にある冰讃(ビンサン)。ここはとれたてのマンゴーしか使用しないのでマンゴーの取れる期間しか開業していません。秋には閉店してしまいます。マンゴーのおいしさ、ボリューム(もちろん一個丸ごと)、ミルクを含んだアイスのきめ細かさ、それとお値段もとっても手頃、私の中で一番です。休日の昼下がりに冰讃のマンゴーアイスを食べるのが最上の楽しみの一つでした。ぜひ一度は訪れてください。ついでお店の綺麗さから見れば、ダントツでICEMONSTER ですね、ただ値段は少しはりますが。ここもマンゴーは季節限定ですが、年中開業しています。東京にもお店があるようで、先日、日本のテレビで紹介していました。あとは永康街の思慕昔(Smoothie House)。ここはおしゃれな小物ショップなどが立ち並ぶ永康街の入り口付近にありますので、いつも観光客でごった返しています。ここでは冷凍のマンゴーを用意しているのでしょう、何故か年中マンゴーアイスが食べられます。冬場にどうしても食べたければここに行かなければなりません。どのお店もガイドブックに載っていますが、できればこの順に回っていただきたいと思います。基本、マンゴーが安い、食べ放題です!スイーツもマンゴーづくしですね、選ぶのは。なんだかマンゴー業者の手先みたいになってしまいました。MRT空港線開通!最近のビッグニュースといえば、先日台北駅から桃園空港へのMRT の試運転が始まりました。この投稿が掲載されるころには正式開通していると思いますが、何度も開通が延期された路線ですので本当に試運転が開始されるまではみな半信半疑でした。それくらい何度も延期されています。日本のガイドブックであればたいてい間もなく開通と載っていると思いますが、こちらにいる人は全く信用していませんでした。それがついに開通しました。これで空港と台北駅が鉄路で結ばれたことになります。それも36分です。私も運賃半額お試し期間中に乗ってみました。半額お試しというのが日本には無い面白い方式ですが、最初のひと月は無料、次のひと月は半額、その後正価160元となります。ただ、空港線の台北駅から市内を走っている地下鉄路線に乗り換えるには地下道を10分近く歩かなければなりません。そこが少しつらいですが、これを利用すればまったく言葉ができなくても簡単に台北までたどり着けます。高速バスの大きな事故が一年の間に二度発生していますので、今後は安全面も考えるとMRT 利用が良いのではと思います。二二八事件歴史に関するお話を少し。たまたまですが、本件の依頼を受けたのが2月28日でしたので、この日にまつわる歴史を少し紹介します。この日は二二八事件という台湾の歴史