ブックタイトルDisplay Week 2017 報告

ページ
2/6

このページは Display Week 2017 報告 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

Display Week 2017 報告

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

Display Week 2017 報告

Display Week 2017 報告SEAJ Journal 2017. 8 No. 158 19最後に、図5に示すようにTFT-LCD はエコフレンドリーである。製造工程で使用される純水など工業用水は、LCDよりもOLED 製造に多く使用され、しかもOLED の消費電力はLCD の約2倍である。さらに、図6に示すようにOLEDの交換サイクルは2?4年だが、TFT-LCD は5?8年で、OLED より環境に優しいといえる。ポストスマートフォンとして、フレキシブルディスプレイおよび車載用ディスプレイが注目されている。図7に車載用ディスプレイへの要求性能と車載ディスプレイの用途例を示す。図に示すように、ウオッシュアウト(直射日光下で表示が見えなくなる)を避けるために高輝度(1000nits)、広い温度範囲(-30-100℃)および長寿命(50,000時間)が要求される。これらの要求を満たすディスプレイはTFT-LCD のみである。図8に未来車におけるディスプレイの応用を示す。リアルタイムの映像(高速応答LCD)、曲面設計(曲げ半径R1000 からR100以下、液晶ディミングミラー(アンチグレアが求められる)やミラーレスシステムによるスタイリッシュなインテリアなど。図9に示すようにTFT-LCD は極めて自由度の高い構造で、次の特徴を有す。直射日光下での視認性、低消費電力、プライバシー保護、高輝度、タッチパネル内蔵ディスプレイ、動画ボヤケフリーなど。図10に示すようにTFT-LCD は留まることを知らない革新技術で新規応用を創出する。TFT-LCD の色再現範囲を広げる技術として、量子ドット(QD)のフィルムがBLU に適用されている。将来、さらなる広色再現範囲を実現できる技術として、カラーフィルタの顔料の代わりにQD を用いることが検討されている。高コン図9  Excellent High Degree of Freedom Structure(講演スライドを著者撮影)図4  TFT-LCD とOLED テレビの価格比較(講演スライドを著者撮影)図5  TFT-LCD とOLED のユーティリティー比較(講演スライドを著者撮影)図6  OLED とTFT-LCD 商品寿命(講演スライドを著者撮影)図7  車載用ディスプレイへの要求性能と用途例(講演スライドを著者撮影)図8  Shaping Displays for the Car of the Future(講演スライドを著者撮影)