ブックタイトルSEAJ・インドミッション

ページ
1/4

このページは SEAJ・インドミッション の電子ブックに掲載されている1ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SEAJ・インドミッション

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SEAJ・インドミッション

16 SEAJ Journal 2017. 1 No. 156新市場開拓半導体製造装置業界にとって韓国、台湾、中国に続く新しい市場はどこか?インド電子機器産業市場規模は2020年には400B$(約44兆円)になる。そこに占めるインド国内産製品は100B$(約11兆円)、残り300B$ 8約33兆円)を輸入に頼ることになる。これは原油輸入額を上回る規模になる。インド国内電子機器市場におけるインド製品比率を高めることが重要課題となっている。そこでインド政府は様々な振興策を打ち出し、国内電子産業の育成拡大に取り組んでいる。半導体産業補助政策も打ち出されており2企業が認可を受けている。以上のことから中国に続く新しい半導体生産国はインドになるのではないかと期待している。SEAJ・インドミッション本格的なインド半導体生産は未だスタートしていないが、日本半導体製造装置産業にとってインドは今後の市場獲得・拡大が期待できる国である。そこでSEAJ は経済産業省 平成28年度新興国市場開拓等事業費補助金にSEAJ・インドミッションを申請し採択された。【SEAJ インドミッション ターゲット】1.「 インドが半導体製造工場を作るなら、SEAJ はサポートする用意がある」ということを訪印し主要関係者に伝える。2. 主要関係者をセミコンジャパンに招待し相互理解を深め、半導体工場実現の際には良好なビジネスパートナーとなれる関係を築き上げる。Production level electronicsindustry may reach withstrong growthProduction level electronicsindustry may reach withcurrent CAGRGap between current andexpected domestic production,offering signi??icantopportunities for investmentIndia is poised to be a USD 400 Bn Electronics Hardware marketby 2020: Presenting signi??icant investment opportunities4594.24002075.332037.2104050100150200250300350400450FY09 FY15 FY20USD BnTotal Demand Domestic Production (Target) Domestic Production (At current CAGR)Source: ESDM Task Force ReportSource: http://meity.gov.in/content/fact-sheet-esdm-industrySource: http://www.ey.com/Publication/vwLUAssets/ey-make-in-india-april-2016/$FILE/ey-make-in-india-april-2016.pdfSEAJ・インドミッションインド市場概要