ブックタイトルSEAJ・インドミッション

ページ
3/4

このページは SEAJ・インドミッション の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SEAJ・インドミッション

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SEAJ・インドミッション

18 SEAJ Journal 2017. 1 No. 156インドミッション来日期間:2016年12月12日(月)~12月17日(土)【インドミッション団】・ インド政府電気通信 スリバスタバ部長 Ms. VandanaSrivastava・ インド電子半導体協会 IESA ビディアシャンカー会長Mr. MN Vidyashankar訪問先1.経済産業省2. ニコン株式会社、東京エレクトロン株式会社、株式会社SCREEN セミコンダクターソリューションズ3.セミコンジャパン   アジア半導体市場セミナーにてインド電子半導体産業の現状と展望を発表4.SEAJ インディアKickoff 懇親会@セミコンジャパン   ヒンダスタンセミコンダクター新規投資情報をビディアシャンカー会長が発表  SEAJ・インド電子半導体協会間でMOU 締結SEAJ・インドミッション結果概要インド国内半導体市場は将来膨大な消費が見込めるが、現状のインド政府半導体振興策では新規半導体工場の実現にはもう少し時間がかかりそうだ。中国のような採算を度外視した国家プロジェクトが必要かもしれない。しかし、インドには巨大な半導体市場ができる。市場の引力が半導体工場の実現を早めるかもしれない。今回、訪日団ビディアシャンカー会長、スリバスタバ部長にはセミコン会場会員会社ブース、ニコン株式会社、東京エレクトロン株式会社、株式会社SCREEN セミコンダクターソリューションズの訪問、見学を通じ日本半導体製造装置産業の優れた技術開発力、生産能力、品質を実感及び理解いただいた。SEAJ・IESA のMOU 締結を通じさらに人材交流情報交換相互理解を深め、半導体工場実現の際にはSEAJ 会員企業がインド半導体メーカーと良好なビジネスパートナーとなれるよう活動を続けていきたい。(SEAJ 事務局 杉すぎ坂さか 勉つとむ)右からビディアシャンカー会長、スリバスタバ部長、筆者左 牛田SEAJ 会長、右 ビディアシャンカー会長PRIVATE & CONFIDENTIALHSMC Fab Project Overview1Fab project is of National Priority, a foundation for PM Modi’s “Make-in-India” initiativeParameter DetailsLocation Prantij, GujaratCapacity 40,000 wspm of 300 mn sizePhasing Phase I : 20,000 wspmPhase II: 20,000 wspmTechnology Nodes (90-14nm) Phase I: 90/ 55/ 40 nmPhase II: 28/ 14 nmGovernment support US$ 2.1 billionManufacturingTechnology Advanced CMOSOther Technologies Design capability, packaging, assembly and testing facilitiesTarget Customers India Processor computers, Wifi, broadband, set top boxes, PLC controllers,electronic cards, mobile phone SIM cards, etc.)? Enabler of an Smart Electronics Innovation City for sustainable global electronics products manufacturingHSMC 事業計画