ブックタイトルセミコン West 2017

ページ
1/10

このページは セミコン West 2017 の電子ブックに掲載されている1ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

セミコン West 2017

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

セミコン West 2017

SEMICON West 2017 紀行SEAJ Journal 2017. 8 No. 158 231. メイン会場の建て替えもあって、規模は縮小7月11日~13日に、米国サンフランシスコで半導体製造装置の展示会である Semicon West 2017が開催された。4年連続の好況下の展示会でありながら、前工程では、米国有力企業の出展は復活しなかったが、Applied Materialsがサンフランシスコから車で1時間程度の Sunnyvale で、投資家向け施設見学会兼技術説明会を開催したのは、証券業界から見ると明るい材料だった。Semicon West で例年使用している会場の一部が建て替え中だったこともあり、出展小間数は前年の1,235小間から1,150小間に、出展社数は691社から530社に減少した。目下、半導体製造装置市場は活況に沸いており、会場の雰囲気は明るかった。技術面では、立ち上がりつつあるX-Point メモリやEUVL への関心が高まっていた。2. スーパーサイクルの只中にある半導体製造装置市場半導体製造装置市場は活況を呈している。多くの半導体製造装置メーカーや部材メーカーから、大量の注文に対応するため、開発人員や新人を一時的に工場の応援に派遣せざるを得なくなっており、「オペレーションを正常な状態に戻すためにも、そろそろ調整が来ないと困る」という嬉しい悲鳴が聞こえていた。Semicon West 2017開催に合わせて、SEMI は半導体製造装置の市場予想を発表した。SEMI によると、2017年の半導体製造装置市場は、前年比 19.8%成長の494億ドルで、2000年の過去最高水準を上回る見通しである。2018年は同7.7% 成長の532億ドルを予想する。装置別の2017年の市場予想は、前工程は、前年比21.7%増の398億ドル、組立装置は同12.8%増の34億ドル、検査装置は同6.4%増の39億ドル。SEMICON West 2017 紀行Semicon West2017の展示ブース「スーパーサイクルは眠らない」野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部 マネージングディレクター和わだ き田木 哲て つ や哉建て替え中のMoscone South