その他講演会・セミナー

【製品環境法規制セミナー】欧州REACH規則とECHA SCIPデータベースへの対応

終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。

当日のテキスト「欧州REACH規則とECHA SCIPデータベースへの対応」
※テキストをアップしました。↑よりダウンロードください。お申込み時に記載いただきましたメールアドレスにPWをお送りしております。2021/02/01

対象

SEAJ 会員企業

主旨

 REACH規則の規制値を超えた規制物質を含有する成形品に対して、2021年1月より欧州化学品庁(ECHA)のSCIPデータベースへの登録が義務付けられます。登録義務化にあたり、REACH規則における成形品の注意点、SCIPデータベースの概要、誰に義務が課せられるのか、そして何をしなければならないのかなど、対応方法を含めて説明いたします。さらに、部品点数の多い半導体機器での注意点、最新の情報も含めてご紹介いたします。

開催日程・場所

セミナーテーブル
お申し込み 開催日程 開催場所
申込締切 2021年 2月 5日(金) ZOOM ビデオ ウェビナー

受講価格

会員無料

講師

大内 幸弘 様(Yukihiro Ouchi)

SGSジャパン株式会社
C&P Connectivity 化学物質管理部
技術顧問

《専門》
 金属、セラミックス、シリコン材料等の無機材料の研究開発、環境負荷物質に関する分析及び規制内容
《略歴》
 企業での無機材料の研究開発を経て、SGSジャパン ケミカルラボラトリーでRoHS等の環境負荷物質分析業務の管理。現在は、品質管理者としての業務の他、CE マーキング支援サービス、米国カリフォルニア州プロポジション65の支援サービスも行っている。

内容

- REACH規則における成形品のリスク管理の注意点
- ECHA SCIPデータベースの概要
- 登録義務対象
- SCIPデータの要求事項 - 成形品/複合成形品とファイル構成
- 半導体機器での注意点
- SCIP登録の最新の情報

タイムテーブル

テーブル2セル
スケジュール 講義名
13:00~13:30 受付

13:30~15:00 ご挨拶 SEAJ環境情報専門委員会 藤田委員長

「欧州REACH規則とECHA SCIPデータベースへの対応」
  SGSジャパン株式会社 大内 幸弘 様
      —質疑応答—

閉会  SEAJ環境情報専門委員会

事前にテキストと会議URLをお送りします。(1週間~2日前頃)ご入力のメールアドレスにお送りしますのでご確認下さい。

担 当 :SEAJ事務局:杉坂・後藤 
TEL :03-3261-8262 / 050 5469 1822
e-mail:tgotoh@seaj.or.jp

To Top